ここでは値段の格差についてご案内しています。
霊園により値段の格差がある

霊園により値段の格差がある


霊園により値段の格差がある
そもそもお墓というのは決して安い買い物ではなく、土地や自宅を買うのと同様に考えることが大切です。
長く使用続けるお墓なのですから、慎重に選んで後悔をしないようにしてください。 お墓側には一定期間毎に管理費を支払っていく必要があり、事情の無い限り滞納することは出来ません。
これを滞納してしまいますと使用権を取り消される要因にもなりますので、払い忘れのないようにお気をつけください。墓石には様々な費用が必要となっており、墓石本体の価格はもちろんのこと、その他にも外柵や工事費などが挙げられます。
墓石の価格は、石の種類や大きさ、またはデザインなどにより数10万円〜1,000万円超と、大きな差があります。墓地使用料とはお墓により値段の格差はありますが、一概に安ければ良いというものではないのです。
区画の大きさや立地、そして環境、設備、管理体制などと合わせて比較をして検討をするようにしてください。




霊園により値段の格差があるブログ:170612

お子様の頃には
よく「将来何になりたい?」と聞かれますよね。

でも、ぼくはその時何と答えていたか
全然覚えていません。

それだけじゃなく、
お子様の頃、自分が何を望んでいたかという
はっきりした記憶がほとんどなく…

ただよく泣くお子様で、恥ずかしがりやのお子様で、
でも、親父や母にはいつも反抗していたなぁ~
という記憶だけがあります。

ぼくには「…になりたい!」というのはなくても、
「…は嫌だ!」というのは沢山あったんですよね。
一番よく覚えているのが
「学校の先生だけにはなりたくない!」でした。

振り返ってみれば…
ぼくが節目節目で何かを決める時は、
いつも「…は嫌だから…しよう」が
動機づけだったような気がします。

学校の進路を決める時も、
社会人になってから何かを決断する時も…

だから、ぼくは
頑張ってやっても思うような結果にならなかったり、
スムーズに事が運ぶことがなかったんだろうと思います。

例えば、
何故か人が苦手なのに、
人と関わる仕事ばかりすることになったり…

当時のぼくは、
「どうして望むものは手に入らないんだろう?」と思っていたけれど、
根っこがそういう部分からきているので、
本当に自分が望むもの、自分が好きなものを、
ぼくはよくわかっていなかっただけなんだなぁ…と今は思います。

本当に自分が好きで心から楽しめることなら、
上手く流れていくんですよね。

でも、つっぱったり何かに抵抗しながら頑張っていると、
流れが滞ってしまう…

まるで神様が自分を見失っているぼくに、
「それは違うよー」
と一生懸命訴えかけてくれるかのように…

そういうからくりがわかってきただけでも、
ぼくは少し大人になったかな?と思いたいところです。

――――――以上で今日の報告を終わります。
霊園により値段の格差がある

霊園により値段の格差がある

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報