ここでは権利が剥奪されてしまうケースについてご案内しています。
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある


権利が剥奪されてしまうケースもある
いつでもどこでも気軽にお墓参りをすることの出来る立地条件でしたら、移動に苦労をするようなことはないでしょう。
このことからアクセス性をまずは重視して考え、条件や環境の確認も忘れずに行いましょう。 管理費の支払方法は各お墓により異なり、一ヶ月毎、半年毎、また数年に一度とバラバラです。
管理費の滞納が続いてしまうと、永代使用権を剥奪されてしまう場合もありますのでご注意ください。お墓側に一定期間毎に管理費を支払っていくこととなりますが、これは賃貸住宅における月額管理費と同様のものとなります。
お墓のある地域や区画の種類、または面積などによって、その金額が異なってきます。お墓側に支払う管理費とは、園内の清掃や管理棟、また休憩所等の共有スペースの維持や管理に必要な費用となります。
お墓や墓地を管理運営している事業主体に支払うものとなります。




権利が剥奪されてしまうケースもあるブログ:171012

妻がPTAの副会長をしていた頃には、
ボクは副会長のご主人と呼ばれていました。

入れ替わりでボクが会長になったとき、
妻が会長の奥さんと呼ばれるようになるのに
そう日数はかかりませんでした。

いろんな行事で衆人環視の中に立つことによって、
顔を覚えられてしまいました。

道を歩いていると
見知らぬ方から挨拶をして頂くことが多くなってきました。

そんなある日の午前中、
狭い道を横断しようと歩道の前に一人立ったときのことです。
信号は赤でしたが車は見えません。

以前のボクなら赤信号を無視して渡っていたでしょうが、
その時は信号のボタンを押して、青信号になるのをむなしく待ちました。
誰かに見られているというブレーキがかかったからです。

お子様の頃、両親に内緒で危ない冒険をしたとき、
両親には筒抜けであった経験があります。

両親には見られていないはずなのにと不思議でしたが、
誰かが見かけて両親のネットワークで知らせていたのでしょう。

地域のお子様にとっては知らないよその大人でも、
大人の方はお子様を知っていたのですね。

やがて見られているという思いが
悪さにブレーキをかけるきっかけになっていったようです。

「旅の恥は掻き捨て」という悪習は、
自分が知られていないという思いこみに発しています。

今のお子様たちは、
自分の住む地域でまるで旅人のようになっています。
両親のネットワークがすっかり消滅しているからです。

教育力というのは、
両親たちがお子様たちを見知っている地域にしか
備わらないものだと思います。
権利が剥奪されてしまうケースもある

権利が剥奪されてしまうケースもある

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報