ここではお墓は民法に規定されている「祭祀財産」についてご案内しています。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」


お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
貴方にとって最高のお墓というのは、やはりアクセス性が良く、環境が整っている場所なのではないでしょうか?
そしてお墓によっては石材店の指定など条件がありますので、慎重に探すようにしてください。 多くの地方自治体では無縁化を防ぐために、裁判所の判断でお墓を建てるケースがあります。
このような社会的変化に対応して、有期限墓地や承継者がいなかったとしても墓地が継続する限り存続する永代供養墓もあります。最近では家族形態が多様化してきたこともあり、その問題点としてお墓の継承があります。
子供を授かっていないことから、承継者がいないというケースも出てきているのです。お墓の使用権者が亡くなった時、お墓を引き継ぐ必要があるのですが、これを「承継」と言います。
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」という性格であり、本人が指定するか「慣習により」定め家庭裁判所が決することとなります。




お墓は民法に規定されている「祭祀財産」ブログ:170525

子どもを育てていると、
子どもは正規の食べる事以外に
おやつを要求し始める。

おやつは単価自体安いものであっても、
それを毎日食べていれば、
ひと月のおやつ代を合計してみると
非常に大きな出費になってしまう…

食費は正規の食べる事で使っている訳だから、
おやつ代を削減して行かないと、
「食費」プラス「おやつ代」となり、
家計を圧迫するのである。

おやつに何かしらの効果があるなら、
出費をしても仕方ないが、事実はそうではなく、
おやつを食べさせたばっかりに、食べる事を食べなくなったり、
好き嫌いが激しくなったり、虫歯になったり、骨折したり…

市販されているスナック菓子は白砂糖を使っているために、
それを食べれば、
血糖値が上がり過ぎて腹がすかなくなるし、
カルシウムを奪ってしまうので、
虫歯や骨折しやすくなる。

なぜ子どもがおやつを要求するのかというと…

食べる事をすると
人間の内臓はまず炭水化物を消消化吸収し、
その後に蛋白質と脂肪を消化吸収する。

その炭水化物の消化が終わり始めた時、
体内の血糖値が下がるために、
一時的に腹がすいた錯覚にとらわれるので…

9時食を食べた後の午前10時頃とか、
14時食を食べた後の午後3時頃には
丁度腹がすくのである。

これが思春期になると
夕方食の三時間後には腹がすき始めるので、
そこで17時おそく、
スナック菓子を食べるようなことをし出す…

おやつを大量に食べさせてしまうと、
新たに血糖値を上げる炭水化物が入って来るのだから、
当然に蛋白質や脂肪の消化吸収が遅れることになる。
そのためにブクブクと肥満に…

成人病というのは
本来、成人しかならないものだが、
子どもだって肥満になれば成人病になってしまい、
非常に病的な子どもへと成長してしまうのである。

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

お墓は民法に規定されている「祭祀財産」

★メニュー

許されていないお墓以外への埋葬
お墓は民法に規定されている「祭祀財産」
土地を購入するワケではないお墓
石材店に対して支払うこととなる費用について
権利が剥奪されてしまうケースもある
霊園により値段の格差がある
公営墓地は宗旨や宗派に関係ない
お墓の継承と購入をするには税金が発生
一周忌に建てることが多い
亡くなった人を思ってお墓を建てる


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)価格が知りたい!注目お墓情報