許されていないお墓以外への埋葬ブログ:170326


母親が亡くなってから
お父さんとわたくしは二人暮し。

お父さんと母親と兄貴とわたくしの四人家族のうち、
お父さんとわたくしの仲はすこぶる悪い。

兄貴が結婚を機に家を出て、母親が急逝して、
一番仲の悪い二人が残されて暮らすことになってしまった。

四人で暮らしていた頃は
母親や兄貴が緩衝作用をしてくれて摩擦は避けられていたが、
二人きりになってからというもの
険悪さは赤裸々になっていった。

お互い、物静かな性格だから
取っ組み合いや言い争いなどはしない。

ひたすら無視しあうばかりの冷戦となる…
陰湿なことこの上ない。
どうしても伝達が必要な場合は筆談や、
メモを置くということになる。

「お前の言い分もわかるけれど、お前の半分はお父さんなんだよ」
兄貴がぽつりと電話越しに言った。

「お前が嫌っているお父さんは、お前の半分なんだよ。
それにおれの半分でもあるんだよ。自分の半分を嫌って気持良いか?
おれの半分は嫌いか?」

わたくしの半分はお父さん。
大好きな兄貴の半分もお父さん。
お父さんを嫌うことは、自分の半分を嫌うこと。
お父さんをののしることは、大好きな兄貴の半分もののしること。

「お父さんにもっと優しくしてやれよ。おれのお父さんでもあるんだからさ」

兄貴にそう言われて、
心の奥の奥で凝り固まっていた何かが
すっと溶けたような気がした。

お父さんに優しく言葉をかけたら、
わたくしの半分も優しくされたようで気持良い。
わたくしの半分が喜んでいる。

お父さんを大切にすることは自分自身を大切にすること、
大好きな家族を大切にすることなんだ!

両親と子ども、この不思議なつながりを大切にしたいと思う。
そうしてお父さんとの暮らしを丁寧に重ねていきたい。

残業代へ
http://www.saiken-klao.com/

クラウド パートナーの紹介
https://cloudpack.jp/partner/

ダイヤ免税店
https://en-hyouban.com/company/10104603539/