これからお墓探しをしようと検討しているのでしたら、大切なのはお墓に関する知識をしっかりと覚えておくことです。
条件や利用上の注意事項、そして総費用など事前に調べておくことは非常に大切なことです。 お墓の区画を買う、また墓石を注文するなどといったことを含めてお墓を建てるという言葉が使われます。
もちろん、墓地の区画を買ったとしましても、すぐに墓石を建てないこともあります。「お墓というのは必ず持たなければいけないのか」と疑問に思いますが、これには特に決まりごとはありません。
故人のため、そして自分のため、心の拠り所を持ちつつ次世代へと伝えていく事が大切だと管理人は考えます。お墓は、亡くなった人を思い、そして供養するための場であり、残された人たちにとっても、心の整理をつける場所です。
今自分がいることに感謝をしたり、 喜びや悲しみの報告に手を合わせることが出来る唯一の場所と言えるでしょう。



亡くなった人を思ってお墓を建てるブログ:170812

みなさま
家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

みなさまはおもちを食べる時に、何をつけて食べますか?

人によって好みがあるでしょうが、
減量中なら、
おいらは「きなこ」をお勧めします。

「きなこ」って、
減量効果が期待できるんですよね!

「きなこ」は、大豆から作られています。
大豆には、減量にとって大きな効果を発揮する
栄養素が豊富に含まれているんです。

まずは大豆には、ビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンBというのは、
脂肪や糖分の代謝を促進する働きがあります。
脂肪にしても糖分にしても、減量の天敵ですよね。

また、減量をする時には、
筋肉を維持することも必要となってきます。
体の中で消費するエネルギーの量が最も多いのが
筋肉といわれているからです。

筋肉の材料となっているのは、タンパク質です。

大豆にはタンパク質が豊富に含まれているので、
減量中は、積極的に摂取をしたい食材というわけです。

なので、減量中、おもちにつけるなら
「きなこ」がお勧めなんです!

でも、おもちの場合、
どうしても炭水化物が多く、
糖分を余分に摂取してしまう恐れがあります。

ですから、
おもちの炭水化物の分と「きなこ」のビタミンBでチャラになって、
実質的な減量の効果が
少なくなってしまうかもしれませんね。

ならば、他の食材と組み合わせてみてはどうでしょう?

例えば…
寒天とかヨーグルトなどは脂肪や糖分が少なく、健康にもいいですから、
減量中、おススメの食べ合わせと言えるかもしれません。

――――――以上で今日の報告を終わります。

このページの先頭へ戻る